フォトショップとイラストレーターの違い

フォトショップ

ビットマップデータ (点の集合体)。
デジカメ画像などの加工。

イラストレーター

ベクトルデータ (拡大しても滑らか)。
文字やイラストが得意。

チラシなどを作るとき、フォトショップとイラストレーターどちらを使うのか

どちらも使う。
フォトショップで写真画像を加工して、イラストレーターで配置し、文字などを入力する。

環境設定

単位・定規

印刷物の場合は、定規を[mm]、文字を[point]に。
WEBの場合は、定規を[pixel]、文字を[pixel]に。

定規の表示

表示 → 定規で、画面に定規が表示される。よく使う機能。
ショートカットキーは、Ctrl(command) + R。

表示された定規からドラッグ&ドロップすると、ガイドを表示できる。
ガイドを消したい場合は、逆にガイドを定規の方へドラッグ&ドロップする。

グリッドの表示

表示 → 表示・非表示 → グリッド。

グリッドの設定は、編集 → 環境設定 → ガイド・グリッド・スライス。

写真補正の順序

工程1.角度を変更する / トリミング

※トリミングとは、不要な部分を切り取ること

写真画像は傾いていることが多い。まずそれを修正する。

工程2.画像サイズの変更

最終仕上がり予定のサイズに変更する。

工程3.不要な物の削除

ゴミや、肌のシミなどの不要な物を消す。

工程4.カラーモードを決める

グレースケール・・・白黒
RGBモード・・・パソコンやテレビなどのモニタで使用する画像を作成する場合
CMYKモード・・・印刷用途(ポスター・チラシ)での画像を作成する場合

工程5.色の補正

画像全体の色味の補正を行う。

工程6.シャープ

補正・加工を重ねると画像が劣化してしまう。
(言い換えると画像がボケてきてしまう)
それをシャープをかけることで、輪郭をハッキリさせる。

回転/トリミング/ヒストリー

回転

イメージ → 画像の回転

まず、画像全体の傾きを修正する。
ただ、何度傾いているのかわからない。

そういう場合、
スポイトツール(長押し) → ものさしツール

今は傾いているが基準にしたい物(建物など)の始点と終点をクリック。
そして、イメージ → 画像の回転 → 角度入力をクリック。
すると自動で角度が入力される。

トリミング

1.トリミングツールを選択
2.画像全体をドラッグ
3.四辺を内側にドラッグ&ドロップして、必要な部分を選択する
4.ENTER

※元画像の縦横比を維持したい場合

縦横比を維持したい場合は、SHIFTキーを押しながらドラッグ。
縦横比を維持し、かつ画像中央から選択したい場合は、SHIFT + ALT (OPTION) + ドラッグ。

元に戻す

1回分だけ ・・・ Ctrl + Z
複数回分戻す場合 ・・・ ウィンドウ → ヒストリー (作業履歴) で、戻りたい場所を選択

解像度の変更

解像度とは、1インチ内に、どれだけのピクセル(画像の粒)があるかを示す。

解像度の目安は、下記の通り。
商業印刷 → 300 ~ 350 pixel /inch
家庭用プリンター → 150 ~ 200 pixel /inch
HP用素材 → 72 pixel /inch

画像解像度が高いとファイル容量は大きくなる。

ズームツールをダブルクリックすると、100%表示になる。

イメージ → 画像解像度

ピクセル数を変更する。

画像の再サンプルには必ずチェックを入れること。

サイズの小さい画像を大きくすると、画像がかなり劣化するので、基本的にはしない。

コピースタンプ (不要物の削除)

不要な物を削除する際によく使用する機能。

ツールボックスのコピースタンプを選択。

基準の場所を選ぶので、ALT (OPTION) を押しながらクリック。

その後ドラッグする。

すると、基準の場所を元に、置き換わっていく。

肌のシミ消し、空、海などの不要物の削除に使いやすい。

ポイントは下記。
1.ブラシのサイズを細かく変更する
2.基準点を細かく変更する (なるべく近くの物を基準にするとより自然になる)

スポット修復ブラシ/修復ブラシ/パッチ

スポット修復ブラシ

ツールボックス → スポット修復ブラシツール

コピースタンプツールとの違いは、コピー元となる基準点を指定しなくてよい点。

ドラッグすると、周囲の色を分析して馴染ませてくれる。

小さなものを効率的に消す、ことに向いている。(大きいものには不向き)

修復ブラシ

ツールボックス → スポット修復ブラシ(長押し) → 修復ブラシツール

コピースタンプツールとの違いは、周りの画像と馴染ませながら置き換える点。

ALT (OPTION)を押して、基準点を選択し、その後ドラッグ。

とある物の複製なども可能。

周囲の色と馴染ませてしまうので、色がボケてしまう可能性もある。

パッチ

ツールボックス → スポット修復ブラシ(長押し) → パッチツール

1.消したいものをドラッグして囲み、範囲を選択する

2.選択した範囲を置き換えたい場所までドラッグして移動させる

3.選択範囲 → 選択を解除で、選択範囲を解除する
よく使う機能!ショートカットキーは、Ctrl(COMMAND) + D

レベル補正

画像全体の明るさの補正。

イメージ → 色調補正 → レベル補正

グラフは、左側:黒の量、右側:白の量みたいな感じ。

グラフ下の▲で調整する。

暗い部分をより暗く、明るい部分をより明るく、そういった調整ができる。

トーンカーブ

画像全体の色合いを調整。

イメージ → 色調補正 → トーンカーブ

線の上でドラッグ&ドロップをすると、ポイントが追加されて調整が可能。

レベル補正よりもより柔軟な設定が可能。

ポイントをはずす時は、画面外でドラッグする。

グラフ下の▲でも調整可能。

操作は感覚で覚えるべし。

シャープ

加工の最後にシャープをかけると、ボヤけた画像が締まる。

フィルタ → シャープ

・アンシャープマスク
自分で設定する。

– 量: シャープをかける量
– 半径: きつくかけたり、弱くかけたり? 画像の大きさによる
– しきい値: コントラストとの関連性がある? よくわからん

・シャープ
シャープがかかる。

・シャープ (強)
強めにシャープがかかる。

・シャープ (輪郭のみ)
自然な感じでシャープをかけたい時におすすめ。

・スマートシャープ

保存

ファイル → 保存

ファイル形式

– PSD
Photoshop形式。

– EPS
イラストレーターなどに配置する場合。